お役立ち情報

特集記事

運転ではない「#つくる」「#あやつる」よろこびがそこに!

■1.丸太運輸の仕事

丸太運輸の製品管理の仕事は、大同特殊鋼の工場や自社倉庫の中で重さ数トンにもなる鉄鋼製品を保管管理する仕事です。いろいろなクレーンをあやつり鉄鋼製品を移動させたり、仲間と一緒になって鉄鋼製品を車に積み込んだりします。とてもダイナミックな仕事です。
※製品管理職ではトラックの運転はしません
※(写真:例)大同特殊鋼知多工場

■2.取り扱う鉄鋼製品

取り扱う製品は、大同特殊鋼でつくられる特殊な性質をもつ鉄鋼製品(特殊鋼)です。

<丸太運輸が取り扱う主な製品>
こちらの製品は様々な加工がされて自動車や航空機のエンジン部品になります。

①バー材:丸い棒状で1本が7~10m、重さも1t近くあります。

②コイル材:丸く伸ばした鋼材で、フープ状に巻かれ重さはなんと約2t。

■3.製品管理の仕事(例:クレーンの運転)

<人が乗り込む天井クレーン>
(装入クレーン)
特殊鋼の原材料となる鉄スクラップを磁石付きクレーンを使用しバスケットへ挿入する。特殊鋼製造の一番最初の工程です。

※運転には国家資格「クレーン・デリック運転士」が必要です。

(製鋼クレーン)
バスケットに入れた原材料を電気炉に運びます。また、溶かした鉄を次の工程へ運びます。
数十トンの溶けた鉄を運びますので、目の前のモニターで確認しながら慎重に操作する必要があります。

※運転には国家資格「クレーン・デリック運転士」が必要です。

■4.製品管理の仕事(例:玉掛け/積込み)

<手元のリモコンで操作する天井クレーン>
(玉掛け)
バー材の両端にワイヤーをくぐらせて吊上げます。
一つ一つのバー材が1~2tもあり非常に重いため安全に注意を払いながら作業しています。
また、3人一組で作業を行うのでチームワークが必要になります。

※玉掛けの資格が必要です。(技能講習修了証)

(積込み)
玉掛けをしたバー材をクレーンを使い車両に積み込みます。バー材をトラックの荷台に乗せる時には、製品に傷がつかないよう位置に気を付けて降ろし、ワイヤーを外します。
その他にも製品置場で品質チェックや保管管理もします。

■5.製品管理の仕事(スラグダンプ:知多営業所のみ)

<超大型特殊車両(スラグダンプ)>
鉄を溶かす工程で出た溶解スラグ(不純物)を工場内で運搬します。中には1台1億円もする特殊車両もあります。
工場は24時間稼働しているため、多いときには1日に150回も運ぶことがあります。
※運転には大型免許が必要です

■6.入社後教育

仕事で必要な資格は入社後に専門教育を行い取得しますので安心してください。玉掛けやフォークリフト、クレーンの運転に必要な国家資格「クレーン・デリック運転士」などを目指します。特にクレーン・デリック運転士の資格は簡単には取れないのでしっかりとがんばりましょう。また、資格を取得すると報奨金がもらえますので一発合格を目指しましょう(会社指定の資格の場合)。

友だちとシェアしよう

カテゴリー

お役立ち情報一覧を見る